FC2ブログ

記事一覧

東方鈴奈庵~7巻~感想など

タイムカード切ってから長話始める社長共は滅びろ~。
どうも、キタキツネです。
今回は待ちに待ったコミックの最新刊が出たのでご紹介ですよ~。

こちら!
DSCN0316.jpg
東方鈴奈庵の最新刊にして最終巻です!
DSCN0317.jpg
裏側~
DSCN0318.jpg
DSCN0319.jpg
帯を外して表裏。
なんか見覚えの無い方が居ます。
と言うかたまたま「新刊いつかな~」と検索かけたら発売日当日でした(笑)
自分が住んでいるのは北海道なので一応2日待ってから買いに行ってきました。
因みに自分が買ったのはクリアファイルの特典がついてる「とらのあな」です
で、付いてきたクリアファイルがこちら。
DSCN0320.jpg
通常衣裳の魔理沙と、何故か襦袢姿の魔理沙です。
DSCN0321.jpg
裏側は鈴奈庵のロゴが。

内容はもう、はじめから一気にスパート掛かってます。
勿論、キーパーソンは表紙の方です。そんなに出番は多く有りませんでした。
6巻でも紫は出てきましたが、その時とは打って変わって「仕事モード」って感じの振る舞いをしています。
そして、マミゾウが阿求に接触してきたり、「幻想郷縁起」の名前が出てくるなど、
「幻想郷」そのものの核心に小鈴が近づいていくストーリーは他の公式コミックと比べると
「求聞史紀」や「求聞口授」との繋がりが深いなと感じます。
まぁ、阿求も主要人物ですからそこに繋がってくるのは自然なんですが・・・。
前半は人間の里と妖怪の関わりについて調べ回り、困惑していく小鈴の姿が、
中盤はあるきっかけで疾走した小鈴について調べ回る霊夢と魔理沙。
後半はマミゾウも大活躍してます。
そしてあの裏表紙のキャラも。
なんか、すっごい勢いでストーリーが展開していきます、すごい勢いで。
最後は個人的にはちょっと無理やり感を感じました。
ラストはホントいつもの「東方」って感じの締め方で気持ちよかったです。
まぁ、部分的に「あやふや」感が残ったままというのも、二次創作が盛んな
「東方」らしいとも言えますね。
読んだ人の好きなように解釈すれば良いと思います。
個人的にはとても好きな作品でした。
ZUNさん、春川もえさん、お疲れ様でした。
そして、とても良い作品をありがとうございます!!
ダークサイドの小鈴も可愛かったですよ!

いつか小鈴のフィギュア作りたいなぁ(遠い目)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント